V.S.TRUMPに見るバカの足あと

 おかしい、おかしいと思っている事が次々に明るみになる。こんがらがった糸だったが、ヒョンな事からその全容が見えて来る。この数日はまさにそんな感じだった。

 ある件で、法律に関係している人に書類を書いて貰わなければならなくなった。そこで思い立ったのが甲南大の園田教授か、創価大の佐瀬名誉教授だった。佐瀬名誉教授はもう40年近く前からお世話になった方であり、ざっくばらんに相談してみたが、残念ながら専門外とのコトで❌
 そこで園田教授にお願いしたところ、佐瀬名誉教授と同様に専門外なので、専門の先生を紹介する、となった。その展開に大きな希望を抱く。

話しは変わり、、、

 米国ではとにかく一分一秒でも早くトランプを降ろしたい様である。そりゃそうでしょう。このブログを書いているあいだにも、次々にBREAKING NEWSが飛び込む。

 次から次へと大統領署名を出している。それにより都合が悪くなる側の人間は、とにかくある事ない事申し立てて抵抗する。こうなると〝辞める人間の強さ〟が出る。
辞めて欲しく無いけど。

 必死の抵抗を見せる側は、バレたら困る理由がある。様々な理由に切り貼りし、実は何ら根拠の無い状況証拠だけを貼り合わせる。貼り合わせるが、そもそもが歪んでいるから最後は崩れる。
 ココまでが想定できない事自体がバカなんだよな。フツーはそんな事を始める前に分かるんだけどね。やっぱり発達障害か何かあるんでしょうね。正気の沙汰じゃ無い。発達障害で思い出したが、その法律家に書いてもらう書類の資料を探しているときに、件の人物の署名が出てきた。見る人が見たら分かるが完全に発達障害の人、特有の文字。専門家に見てもらったら〝コミュニケーション障害の特徴がある〟と言う。

ま、、、そんなもんでしょうね。

最後に。

トランプ大統領!
私はあなたを敬愛しております!


CAMPFIRE