スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

Press Release 2018.7.31

この度、株式会社プラチナエッグ(以下、プラチナエッグ)と弊社K2S Holdings Ltd. Macau (以下、K2S)は包括的なコンサルティング契約を結び、プラチナエッグのグローバルマーケットへの進出をサポートさせて頂く事となりました。
 プラチナエッグは今年で創業16年を迎えるゲーム開発会社であり、現在はブロックチェーンの技術とゲーム開発の機能を組み合わせた先進的な取り組みを行っている会社です。
 プラチナエッグのグローバルマーケット進出にあたり、マカオにホールディングカンパニー“Platinum Egg Holdings (Macau) Ltd.” を設立。  マカオのみならず台湾・中国福建省の華僑のグループからの支援を得て、ソーシャルゲームが爆発的に拡大しているアジアマーケットへと進出致します。またK2Sのグループ会社であるGold Wolf Racing Ltd.のネットワークを使い、ヨーロッパとのコネクションも拡大して行く所存です。
 昨今の日本のゲームマーケットの縮小等、厳しい環境の中、プラチナエッグも大変に困難な期間を過ごして来ました。しかしながらコンサルティング契約締結後、すぐに法務体制を強化。過去の問題に対し、全力で取り組む事を宣言致します。今後、社内人事・体制の変更等、ドラスティックな改革に着手致します。
 ブロックチェーンの技術は、ややもすると閉塞感に苛まれているゲーム業界にとって、新しい一手となる事は明白です。しかしながら、現在の日本では様々な法規制により、そのパフォーマンスを最大限に発揮できる環境にあるとは言い難い状況です。それら閉塞感を打ち破るため、あえて海外へ出て行く事を決意した次第です。
 夏季休暇を挟み、具体的な新ゲーム・事業的な新機軸を打ち出す予定です。プラチナエッグがそのパフォーマンスを最大限発揮できるよう、万全の体制でサポートして参ります。


今度と言う今度は許さない 全面戦争開始!(追記あり)

この文章は真夏のフィクションです。
(追記あり)
次の様に表記します。

相手方の会社 ゴールド卵子
その会社の代表 笹村タ〜マヤ〜
その援助者 ケビソ

この馬鹿どもは私をオカマ共和国の警察に刑事告訴しました。罪状は“名誉毀損”
その内容を何回かに分けて詳細に記します。

まず何が名誉毀損なのか?

それは私がこのカスどもをネットで誹謗中傷したと言う事です。
事実であっても出しちゃダメなものはダメ。
そんなのは分かっています。
しかし被害が沢山出ているケースについてはどうなんでしょう?
しかもそんな状態なのにアチコチからこんなメッセが飛んでくる。



結局、私がアレンジした投資資金(のはずだったカネ)は社保庁の滞納金の返済になってしまい、わずかな一部のみ事業資金に。
更に当年(昨年)分も社保庁や税金などを滞納していて要は投資じゃなくて溜まった借金の清算の一部でした。

信用保証協会に数千万円溜まっていて、毎月数十万円ずつ返さなければならないのに『月に数万円で決着ついています』とか散々嘘つかれましたからね。
B/Kダメ、保証協会ダメ、保険・税金は溜めまくりじゃあ再生の余地はありません。

私が紹介して同社の顧問になった弁護士でさえ『別の会社作ってやりなよ』と言う状態。

以下、顧問からの注意:
投資家に向けての情報公開ですが上記のような経緯でNE社への買掛けをゼロにした決算内容は投資家にとって正確なものとは言えない可能性があります。 そもそも、相手が仮差押えをしてきていることからゼロにしたとしても引当金を計上する必要がある可能性もありますし偶発債務として、注記する必要がある可能性もあります。 これらに関する記載や説明もなく投資をしてもらうことは説明義務違反に問われる可能性があると思います。今の状態では、こちらから積極的に法的手続きを取ったり情報公開をしたりするには、証拠等が不足していると思います。
素直に謝りゃそこで終わるのに、“脅迫”だの“名誉毀損”だので刑事告訴を仕掛けてきやがった。
そこでパートナーに“ヤンチャな弁護士”の手配を依頼。

こんな感じで事情説明しました。
〇〇さんからの紹介です。
 昨年、日本のゴールド卵子(以下、同社)と言う会社の顧問を4ヶ月間の契約で請負いました。月額70万円で4ヶ月=280万円の業務です。しかしながら1円も払われていないこと、締結した契約に同社が反する行為をしたため、契約の解除をこちらから申し出たのですが、同社はそれを拒否。そのまま任期終了まで放置しておりました。しかしながら、委託された業務は全て達成しております。
 その後、再三の請求にも関わらず、支払もぜず無反応の状態を続けられました。また私の方が契約の解除を申し出た理由の中に当初聞いていた金額の数倍の借金(社保庁や消費税の未納)が数千万単位であり、さらに外部からの投資金を募っていた為、同社の顧問弁護士(私が紹介したT.S.法律事務所)からも“外部からの投資を募らないよう”、注意を受けてる状態でした。
 従ってこれ以上の回収の見込みは無いと考え、こちらから「そもそもの契約が無かったと言う事にしないか?」という提案をしました。それによって「あなたたちの私に対する債務が無くなる」と言うことも伝えた上で、但し、同社がやっている事がほぼ投資詐欺に近いので、関係者並びに一般の方々に事実を伝えた上で“注意喚起はする”という事を伝えたところ、同社代表笹村から「それは契約違反だ、お金は払うので待ってください。」という連絡のみ来ました。その後請求書などを配達証明付郵便で送ったのですが、なかなか受け取らず、常に逃げている状態でした。
 その間、他の方からこの笹村から“借金・投資・寄付あるいは保有している仮想通貨を買い取ってほしい”と持ちかけられ、困っていると言う話しが複数寄せられたのでSNSやブログなどでこれらの事実を書きました。
 笹村にはケビソと言うオカマ人の仲間がいて、同社に2000万円以上貸し付けている関係で、その金を回収しようとして、両者一体になって周辺に投資を呼び掛けていました。これは1度でも貸したら、絶対に未回収になる金なので、このような呼びかけに応じないように、注意喚起をSNS上に出しました。
 ケビソも私たちにに約80万円程度の未払い金があったため、オカマ共和国で民事裁判を起こしましたが、答弁書に「あいつらは詐欺師だ」と意味の分からない回答をしたのみで、そのまま逃げてしまい、裁判も欠席でした。
 昨日(7月30日)突然警察に呼ばれ、行ってみたところ、私と家内が脅迫罪でこの笹村とケビソ両名に訴えられていました。その原因となったのは前記のSNSの部分です。また金員の授受に関してはオカマの裁判所で審議してきた内容そのものであり、金を貰うべきは私たちなのですが、警察で"詐欺だ”と騒いで、それがそのまま調書となっていました。
私たちが書いたのは誹謗中傷にはなりますが、事実に反することはありません。そこでオカマの警察に対し、証拠として同社の過去5年分の決算書(累積赤字1億超え)、裁判所からの仮差押え決定通知、金を無心された方々のスクリーンショット、同社顧問弁護士から同社に対して“外部からの投資を募らないよう”と言う趣旨のメールなどを提出致します。
以下、作戦の為、内緒!

まぁ、ただじゃ済ませません。
カネの回収より何より全てを紙くずにしてやります。

追伸:パートナーに相談していたら「それって民事の判決を誤魔化すために刑事に持っていったんじゃないの?」と。

私もそう思います。

追記:20190801

こんなゲーム、だれもやっとらんやんけ!
テメーラの事業の失敗をこっちのせいにされてもねぇ…
これも警察に証拠として提出するがスタート直後にバグの修正で何日もストップしてたらソリャ信用なんかないがね。
ましてや仮想通貨を賭けるカジノゲームだよ?

アソビコインの推奨ゲームに入っていたけど、そのアソビコインが金融庁から警告受けて無事に昇天........




人気の投稿

Amazon