スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

Press Release 2018.7.31

この度、株式会社プラチナエッグ(以下、プラチナエッグ)と弊社K2S Holdings Ltd. Macau (以下、K2S)は包括的なコンサルティング契約を結び、プラチナエッグのグローバルマーケットへの進出をサポートさせて頂く事となりました。
 プラチナエッグは今年で創業16年を迎えるゲーム開発会社であり、現在はブロックチェーンの技術とゲーム開発の機能を組み合わせた先進的な取り組みを行っている会社です。
 プラチナエッグのグローバルマーケット進出にあたり、マカオにホールディングカンパニー“Platinum Egg Holdings (Macau) Ltd.” を設立。  マカオのみならず台湾・中国福建省の華僑のグループからの支援を得て、ソーシャルゲームが爆発的に拡大しているアジアマーケットへと進出致します。またK2Sのグループ会社であるGold Wolf Racing Ltd.のネットワークを使い、ヨーロッパとのコネクションも拡大して行く所存です。
 昨今の日本のゲームマーケットの縮小等、厳しい環境の中、プラチナエッグも大変に困難な期間を過ごして来ました。しかしながらコンサルティング契約締結後、すぐに法務体制を強化。過去の問題に対し、全力で取り組む事を宣言致します。今後、社内人事・体制の変更等、ドラスティックな改革に着手致します。
 ブロックチェーンの技術は、ややもすると閉塞感に苛まれているゲーム業界にとって、新しい一手となる事は明白です。しかしながら、現在の日本では様々な法規制により、そのパフォーマンスを最大限に発揮できる環境にあるとは言い難い状況です。それら閉塞感を打ち破るため、あえて海外へ出て行く事を決意した次第です。
 夏季休暇を挟み、具体的な新ゲーム・事業的な新機軸を打ち出す予定です。プラチナエッグがそのパフォーマンスを最大限発揮できるよう、万全の体制でサポートして参ります。


ハイスペック弁護士が社会を壊す

今回の吉本問題の裏側に、最近、企業法務、ハイスペックな弁護士どもの無能さからくる問題の拡大がある事は事実です。



高学歴・低学力の人材が増殖し『試験受かっちゃったんだ!ボクたんしゅご〜い!』と言う金井ちゃんの様な『ボボボボクタン、弁護士なんでしゅぅぅうう』みたいな弁護士が日本全国に増殖中である。

吉本の記者会見に同席した弁護士も東大出身、“ボクたんシュゴイ系の弁護士”である事は一目瞭然。

ちょっと批判されりゃあ『名誉毀損だ!』か弁護士会に『あいちゅ悪い奴だジョ〜!ボクたんのシュゴさ、見せちゅけてやるジョ〜!』と当事者違いやるしか無いオツム。まるで公園で仲間外れをされて『ママに言っちゃうジョ〜』がそのまんまチン毛だけモジャモジャ生えちゃっただけの小僧だらけになってしまっているのが現状。

実はこれは教育者のレベルの低下と本質的には同様の問題なのである。

企業もお守り程度に雇っているのだろうが、いざこう言う場面になると自らの醜態をさらす為だけのトッピングになってしまっているのが現実だ。

橋下みたいな同和出身で尚且つ売春宿の顧問弁護士ってのも如何なものか?と思うが、こう言う連中は結局、社会、会社を壊すことだけは間違いない。橋下の裁判の結果、吉村の裁判の結果(武富士スラップ訴訟等)を見たら一目瞭然である。

しかし根本を指摘するのであれば“プロフェッショナルな経営者”がいない事が問題の全ての根幹なのだけどね。。。

金井ちゃんもこれ見て
『チクチクチクチクチクチクショ〜♪ べべべべべ便誤士💩の怖さを思い知らしぇてやる〜!』
となったら一生ダメ人間から抜け出せない。

こっちも水に流してやるから
『どう生きていくのが正しいのか?どう言う仕事の取り組み方をするのが一流の生き方なのか?』
と、教えを乞うてきたらいつでも教えてあげますよ。

とにかくここまでの君、
人として間違えてますよ?

あの吉本会見の無様な姿は君の未来の姿だよ?

“聞くは一時の恥。聞かぬは一生の恥”

です。

人気の投稿

Amazon