スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

Press Release 2018.7.31

この度、株式会社プラチナエッグ(以下、プラチナエッグ)と弊社K2S Holdings Ltd. Macau (以下、K2S)は包括的なコンサルティング契約を結び、プラチナエッグのグローバルマーケットへの進出をサポートさせて頂く事となりました。
 プラチナエッグは今年で創業16年を迎えるゲーム開発会社であり、現在はブロックチェーンの技術とゲーム開発の機能を組み合わせた先進的な取り組みを行っている会社です。
 プラチナエッグのグローバルマーケット進出にあたり、マカオにホールディングカンパニー“Platinum Egg Holdings (Macau) Ltd.” を設立。  マカオのみならず台湾・中国福建省の華僑のグループからの支援を得て、ソーシャルゲームが爆発的に拡大しているアジアマーケットへと進出致します。またK2Sのグループ会社であるGold Wolf Racing Ltd.のネットワークを使い、ヨーロッパとのコネクションも拡大して行く所存です。
 昨今の日本のゲームマーケットの縮小等、厳しい環境の中、プラチナエッグも大変に困難な期間を過ごして来ました。しかしながらコンサルティング契約締結後、すぐに法務体制を強化。過去の問題に対し、全力で取り組む事を宣言致します。今後、社内人事・体制の変更等、ドラスティックな改革に着手致します。
 ブロックチェーンの技術は、ややもすると閉塞感に苛まれているゲーム業界にとって、新しい一手となる事は明白です。しかしながら、現在の日本では様々な法規制により、そのパフォーマンスを最大限に発揮できる環境にあるとは言い難い状況です。それら閉塞感を打ち破るため、あえて海外へ出て行く事を決意した次第です。
 夏季休暇を挟み、具体的な新ゲーム・事業的な新機軸を打ち出す予定です。プラチナエッグがそのパフォーマンスを最大限発揮できるよう、万全の体制でサポートして参ります。


吉本の件、そう言う事だったのね。。。

二週間ほど前、ある政党の事で文春砲に並ぶパワーを持つ某週刊誌“X”の電話取材があった。

その時に「変だな」と思ったのは、切り口が“ある政党の件”だったのに、記者の意図が明らかに闇営業(ここは全くあずかり知らぬ世界)→吉本興行→某政党への導線を描いていた。

「どうしてかな?」と、ずっと疑問に思っていた。

今日、気になったのはこの記事だ。
----------------------------------------------------------livedoor News
https://news.livedoor.com/article/detail/16803180/

「入江君主催ですが、吉本の社員もいて一緒にやっているイベントのスポンサーが、僕らの行ったのと同じスポンサー」

これがまずフックとしてあるとすると、

AERA dot.のこの記事に繋がり、
----------------------------------------------------------AERA dot.
2人はお金をもらっていたことを早期に会見で説明したかったが、会社側からは「静観でいきましょう」と、事実上の口止めを指示されていたと主張。吉本興業の岡本昭彦社長から、「会見したら全員クビだと言われた」と会社への不信感をあらわにした。
この会社、ズブズブだな…と思った次の瞬間、「あ!」と思った。


吉本とこの“ある政党”はズブズブの関係。
この“ある政党”にいつも疑惑が出ている寄付金の出処ってもしかしたら?と閃いた。

最近のマネロンはスSuicaを使ったマネロンもあるらしい。

汚い金をSuicaの限界までチャージ。
それを渡して払い戻しと言うのもあると聞いた。

この“週刊誌X”の活躍に期待します。

しかし吉本興行は汚い会社ですね。
これでトカゲの尻尾切り。

こんな会社に日本国民の血税100億円を突っ込むなんてトンでもない話しではないでしょうか???

人気の投稿

Amazon