おどろいた。。。

これはまだ仕事のブログに載せる手前の話しなのでここに記そうと思いました。



昨日、事業パートナーとなっているヨーロッパのチームからメールを受け取った。

そこには
『私たちのチームは私の父が設立したチームで今年で創立40年になります。父も今年で70歳になりもう引退します。そこであなた達と我々で正式にパートナー(株主)になりませんか?』
と記されていた。

びっくりした。

もともとBVIの会社を買って英国に置くつもりだったが、これが実現するのであれば、そう言うダミーに近い施策を取らないで済む。

この会社(チーム)に足りないものが何かは見えている。
実績や背景は十分だ。

まぁ、あと強いて言えばベースがマンチェスターに近いのでロンドンから遠いくらい???(笑)

なんだかんだでもう4-5年、事業提携している。
これからもその関係が続けば良いなと考えていたし、続ける努力をしていた。
しかし創業者の株を引き継いでの株主への打診とは。。。

この年になってもまだまだ驚く事が多いです。。。

デアゴスティーニ

人気の投稿

Amazon