スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

Press Release 2018.7.31

この度、株式会社プラチナエッグ(以下、プラチナエッグ)と弊社K2S Holdings Ltd. Macau (以下、K2S)は包括的なコンサルティング契約を結び、プラチナエッグのグローバルマーケットへの進出をサポートさせて頂く事となりました。
 プラチナエッグは今年で創業16年を迎えるゲーム開発会社であり、現在はブロックチェーンの技術とゲーム開発の機能を組み合わせた先進的な取り組みを行っている会社です。
 プラチナエッグのグローバルマーケット進出にあたり、マカオにホールディングカンパニー“Platinum Egg Holdings (Macau) Ltd.” を設立。  マカオのみならず台湾・中国福建省の華僑のグループからの支援を得て、ソーシャルゲームが爆発的に拡大しているアジアマーケットへと進出致します。またK2Sのグループ会社であるGold Wolf Racing Ltd.のネットワークを使い、ヨーロッパとのコネクションも拡大して行く所存です。
 昨今の日本のゲームマーケットの縮小等、厳しい環境の中、プラチナエッグも大変に困難な期間を過ごして来ました。しかしながらコンサルティング契約締結後、すぐに法務体制を強化。過去の問題に対し、全力で取り組む事を宣言致します。今後、社内人事・体制の変更等、ドラスティックな改革に着手致します。
 ブロックチェーンの技術は、ややもすると閉塞感に苛まれているゲーム業界にとって、新しい一手となる事は明白です。しかしながら、現在の日本では様々な法規制により、そのパフォーマンスを最大限に発揮できる環境にあるとは言い難い状況です。それら閉塞感を打ち破るため、あえて海外へ出て行く事を決意した次第です。
 夏季休暇を挟み、具体的な新ゲーム・事業的な新機軸を打ち出す予定です。プラチナエッグがそのパフォーマンスを最大限発揮できるよう、万全の体制でサポートして参ります。


ケビンとの裁判

そうとうなバックデートになりますが、プラチナエッグ絡みでこちらが提訴したケビンに対する訴訟が5月7日にマカオの裁判所で行われました。


裁判当日、時間になってもケビンとその妻はあらわれず、かなりの時間が過ぎた段階で突然開廷。

裁判官が怒りあらわで裁判長席に着きました。
『理由も言わずただ来れないと電話があった。今後、どんな言い訳をしてきても一切聞かない。ワンサイドで訴訟を進める。』
と、そうとうなお怒りモード。

答弁書ではワンワン吠えていましたが、実際には姿さえ現あらわさず。こんなもんですよね。

判決文はまだ来ていませんが、想像付きます。

プラチナエッグの竹村は日本国内で仮想通貨を賭けて三店方式で課金できるギャンブルゲームを堂々とやっているわ、あちこち電話して“寄付”を募っているとか。

電話してきた方が呆れていました。
曰く
『なんの寄付ですかね?』
と。

あれこれ忙しくて日本での訴訟が出来ていませんが、八月にはプラチナエッグに対して提訴したいと思っています。

本件、また進展ありましたら。

人気の投稿

Amazon