スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

Press Release 2018.7.31

この度、株式会社プラチナエッグ(以下、プラチナエッグ)と弊社K2S Holdings Ltd. Macau (以下、K2S)は包括的なコンサルティング契約を結び、プラチナエッグのグローバルマーケットへの進出をサポートさせて頂く事となりました。
 プラチナエッグは今年で創業16年を迎えるゲーム開発会社であり、現在はブロックチェーンの技術とゲーム開発の機能を組み合わせた先進的な取り組みを行っている会社です。
 プラチナエッグのグローバルマーケット進出にあたり、マカオにホールディングカンパニー“Platinum Egg Holdings (Macau) Ltd.” を設立。  マカオのみならず台湾・中国福建省の華僑のグループからの支援を得て、ソーシャルゲームが爆発的に拡大しているアジアマーケットへと進出致します。またK2Sのグループ会社であるGold Wolf Racing Ltd.のネットワークを使い、ヨーロッパとのコネクションも拡大して行く所存です。
 昨今の日本のゲームマーケットの縮小等、厳しい環境の中、プラチナエッグも大変に困難な期間を過ごして来ました。しかしながらコンサルティング契約締結後、すぐに法務体制を強化。過去の問題に対し、全力で取り組む事を宣言致します。今後、社内人事・体制の変更等、ドラスティックな改革に着手致します。
 ブロックチェーンの技術は、ややもすると閉塞感に苛まれているゲーム業界にとって、新しい一手となる事は明白です。しかしながら、現在の日本では様々な法規制により、そのパフォーマンスを最大限に発揮できる環境にあるとは言い難い状況です。それら閉塞感を打ち破るため、あえて海外へ出て行く事を決意した次第です。
 夏季休暇を挟み、具体的な新ゲーム・事業的な新機軸を打ち出す予定です。プラチナエッグがそのパフォーマンスを最大限発揮できるよう、万全の体制でサポートして参ります。


リージョナルとマスター???

ヨーロッパでは“F3”を巡ってかなり面倒な状態に陥っております。
今シーズン PREMAもエントリーするリージョナルのマシン

この記事には若干の誤りがあります。
いま現在の所、リージョナルはそのエントリーが10-15台と言う事で当初は危ぶまれていました。
が、その肝心要のマスターズ(旧ユーロF3)のエントリー確定(3/2時点)が僅かに5台(含むマリノ君)と言う事態になっていて、現状では単独開催は不可能な空気。

こうなる事を見越していたグランプリポーのオーガナイザーは早い段階でユーロF3で開催されていたポーGPをユーロフォーミュラオープン(EFO)に決定。

EFOは仮にマスターズが開催不可となった時に備え、3-SGのワンメイクのレギュレーションを既に解除済み。BOPでVWとMBが走れる様にしています。既に先日開催されたEFOはVWが出走していて松下君が勝ちましたが、表彰台はVW独占となってしまい、今後、更にBOPで絞られるでしょう。

結局、ヨーロッパに於いてのリージョナルはACIがプラットフォームを持っているので、ADACとはイタリアン/ADACのF4を通じて親和性が高く、最終的には両シリーズからのステップアッパーを含む良い受け皿になると考えられます。

また基本車輌があくまでも独自路線を貫くフォーミュラ・ルノーシリーズと共有というのも最終的にはプラス材料でしょうね。

僅か5台のエントリーに対して12-15台のエントリーが少ないとは、ちょっとどうかと思いますが、キチンとウォッチしていないとこう言う記事になってしまうと思うんです。

それにしても何でも整えたがるフランス人が仕切ると、結果、こう言う混乱する事態になるんですよね。
昔のバレストルの時はスポーツカーを死滅させました。
今度はフォーミュラピラミッドをクテクテにして…

正直、旧FIA-F3から変える必要がどこにあったんですかね?
物凄く勉強になる良いクルマでしたよ。

しかしフォーミュラの世界は残酷で冷酷です。

リブレになったカテゴリーから頂点に行けたドライバーなんで、最近ではグロージャンくらいじゃ無いですか???

人気の投稿

Amazon