スキップしてメイン コンテンツに移動

注目

Press Release 2018.7.31

この度、株式会社プラチナエッグ(以下、プラチナエッグ)と弊社K2S Holdings Ltd. Macau (以下、K2S)は包括的なコンサルティング契約を結び、プラチナエッグのグローバルマーケットへの進出をサポートさせて頂く事となりました。
 プラチナエッグは今年で創業16年を迎えるゲーム開発会社であり、現在はブロックチェーンの技術とゲーム開発の機能を組み合わせた先進的な取り組みを行っている会社です。
 プラチナエッグのグローバルマーケット進出にあたり、マカオにホールディングカンパニー“Platinum Egg Holdings (Macau) Ltd.” を設立。  マカオのみならず台湾・中国福建省の華僑のグループからの支援を得て、ソーシャルゲームが爆発的に拡大しているアジアマーケットへと進出致します。またK2Sのグループ会社であるGold Wolf Racing Ltd.のネットワークを使い、ヨーロッパとのコネクションも拡大して行く所存です。
 昨今の日本のゲームマーケットの縮小等、厳しい環境の中、プラチナエッグも大変に困難な期間を過ごして来ました。しかしながらコンサルティング契約締結後、すぐに法務体制を強化。過去の問題に対し、全力で取り組む事を宣言致します。今後、社内人事・体制の変更等、ドラスティックな改革に着手致します。
 ブロックチェーンの技術は、ややもすると閉塞感に苛まれているゲーム業界にとって、新しい一手となる事は明白です。しかしながら、現在の日本では様々な法規制により、そのパフォーマンスを最大限に発揮できる環境にあるとは言い難い状況です。それら閉塞感を打ち破るため、あえて海外へ出て行く事を決意した次第です。
 夏季休暇を挟み、具体的な新ゲーム・事業的な新機軸を打ち出す予定です。プラチナエッグがそのパフォーマンスを最大限発揮できるよう、万全の体制でサポートして参ります。


やらかしを解決できる人、できない人

一昨日、パドクラで契約している会社がやらかした。

一人のエージェントが自分のボスにも報告せず、ボスは何も知らずこちらに連絡してきたが、逆に問題を知り事後処理に追われていた。
が、解決に尽力してくれたおかげで何とか片付いた。

頑固なイギリス人がキチンと謝罪を入れてきたので、これは受け入れるのが賢明だろう。

さて、一方で謝罪どころか“ありがとう”さえ言えないバカがいる。

確か昔Car No.18の787Bに乗ってたな。
謝罪も解決もお礼もしないとどうなるか?

そう言う会社は潰れるのである。
そう。
それは私が今までマーケティングやPRをやってきたチームだ。

事の発端は2016年。
3,500万円のスポンサーを私たちが決めた。
決まった瞬間、手のひらを返し“いかにチームが凄いか”と騒ぎ出した。

結果、そこまでチームを支えてくれた人たちはドン引きし、或いは離れ、或いは私の様に大げんかをした。
その隙を見て近づいたのが元JRPのTとアルビレックスのNだった。身の程を知らないにも知らな過ぎて呆れる。

結果、チームは膨らむコストに対応しきれずに昨年、ガレージを手放した。また高校もロクスッポ出ていない様なスタッフを雇い、大問題を引き起こした。

残念には残念な人たちである。

春節にどーでも良いグリーティングメールを送ってきた。
まだ返事はしていないが、どっかの犬が散歩中にしたウンコの写メでも送ってやろうと思っている。


人気の投稿

Amazon