断腸の思いとはこの事か…

香港の会社。



日本側も色々と問題を抱え、今まで頭の片隅に有った考えをいよいよ断行しなければならない事になった。

"大リストラ"

で、ある。

現在のショップ、スタッフ等、諸々の固定費の合計が年間約2,500万円。
これでも削っての費用だ。
少し前の計算だと3,000万円を超えていた。

ショップの閉店、オフィスをウチのHK支店内に移転させ従業員の引き取りに全面的な業務委託に移行する。
これにより固定費は年間870万円程度に抑えられる。

実はこれ、本業務を引き受ける際に最初に提案したのがこのアイデアだった。
つまり、あの段階でこの提案を受けていなかった為、この2-3ヶ月で4-600万円のロストを出したわけだ。

勿体無い限りである。

ともかく日本の本社も含め、香港も大規模なリストラを断行し会社自体をスリムにする。
しかしながら機能性はいささかも落とさない。

ここさえクリアすれば問題ないですよね。

ネガティブにならないリストラとは言え、断腸の思いである事には変わらないですよね。


過去のよく読まれている記事