ようやく五合目かな?

香港メディックをお預かりした時、それはそれは凄い状態でした。

2015年からの決算はしていないわ、六千万円近くのお金は消えてるわ、250枚の小切手は羽生えてどっか飛んじゃってるわ。

前受託者のA夫妻はウサイン・ボルトも土下座級のスピードで逃げちゃっている訳なんで、もう委託した日本側にしてみたら交通事故と放火と大震災を一気に喰らった状態ですよね。

一時期、正直「これ、再生は無理かな?」とも思いました。



しかしやってみるものです。

ようやく今週2015-2016年度の決算が終わります。
そして今日、2016-2017年度の決算着手の指示を出せました。
小切手の追跡調査もHSBCの遅い対応にちょっとイライラしながらも、約半分の行き先は判明。

幸い、香港の仲間に香港の大手ドラッグストアへのチャンネルを持っている人がいたり、通販で協力してもらえる仲間がいたり、中国本土は当社の中国法人で何とか対応できそうだったりとようやく道半ばまで来たかな?と。

2015-2016期の印を財務局に貰った段階で日本の会計士に一旦トス。
バランスシートを作成して頂き、2016-2017期はそこからスタート。秋口には正常運転できると睨んでいます。

香港の露となって消えるのか? ここから巻き返し一つの事業として成立するのか?

まさに正念場です。




過去のよく読まれている記事