上海駿雄貿易有限公司のご紹介

2013年9月13日よりスタートする当社の姉妹会社 上海駿雄貿易有限公司。

場所は上海市郊外、嘉定区南翔に登記されました。

嘉定区を少し紹介しますと、古いお寺のある城区で、最近では上海国際サーキットのある街として急速に開けてきました。

自分自身もこの地に2008~2009年の二年間、暮らしていましたがその時とは比べ物にならないほど、急速に発展しました。

その発展の原動力は何と言っても地下鉄網の充実。

私が住んでいた頃はタクシーかバスでしか行きようが無かったのですが、今は市内中心部の繁華街、徐家匯あたりからでも地下鉄11号線で一本で行ける様になりました。所要時間は25分程度です。





この様に非常に便が良くなった嘉定区。
その南翔(なんしゃん)に会社はあります。



南翔は日本人にとって中華料理のひとつとしてもっともポピュラーな存在である小龍包(シャオロンポウ)発祥の地として知られております。
言い換えればかつては小龍包しかなかった南翔が、現在は大きなビジネスエリアとして再開発されております。



その南翔地下鉄駅前(このエリアの地下鉄は高架線上にあります)からそのままオフィスがあるビルへと直結。すぐ隣には工商局や税務局などの政府の施設と隣接しております。




この商業施設の名前は中冶祥腾城市广场"と言い南翔経済の中心的な存在として作られました。



一般的な商業施設の他、ショッピングモール、居住エリアと充実しており、日系企業(ユニクロ、紳士服の青山、すき家など)もすでに多く入居しております。



オフィス棟はその殆どがメゾネットタイプで構成されており、家賃上昇に悩む上海市内とは無縁のリーズナブルな家賃で構成されています。





さて、この法人、上海駿雄有限公司はどの様な会社なのか?と言いますと、実業会社として登録する事に成功しました。
これは業務の幅が非常に広く、かつ税率(これは中国では非常に大きな問題となります)も低い制度を利用しました。
すでに中国建設銀行に法人名義の口座も開設されました。
(ここが非常に重要なポイントです。個人名義の口座をビジネスで使用すると大変な事になります)

業務内容は【日用品・建築材料・五金交電(貴金属と電線、ケーブル類、電気基盤など)・電子部品・コンピューター部品・自動車用部品・建築(内装設備)・貿易代理・旅行諮問・法律諮問・翻訳・商標登録代行・知的財産登録代行】となっております。

我々の考えは日本的な総合商社として機能させていこうという考えのもとで展開していく所存です。

まずは同じく姉妹会社の持つPUMA MOTOR SPORTS Gearの中国に本土に於ける総代理店として位置付けをし、中国モータースポーツ界にPUMA商品を展開していきます。



そして様々な貿易拠点としてこの会社がビジネスハブになる事を強く望みます。

過去のよく読まれている記事