香港企業の日本進出

 いざ請けてみるとけっこう難しいんですよね。法律の解釈とかけっこう違っていて、最終的にどこに落とし処を持っていったら目測が効かない。



 おまけに日本を離れて3年近いわけで、3.11以降の日本の状況、話しでは聞いているのですが、実際のところは実感が湧かないと言うのが正直なところ。

 まあ、それでもやらなければならない事なので、真剣に取り組んでいますが正直、苦戦しています。

何に?
そう、
プランニングが纏まらないのです。

 僕は上海、マカオに住んで、多くの中国系のお客様に対応してきました。よくある、日本人がこちらに住んで、訳分からない投資を誘ったりとかの仕事はしていません。基本、お客様は中国系の人。

しかしあくまでも舞台はマカオだったり上海だったり、と言う話し。

 よりによって『日本に進出する』と言う脚本は無かったわけで、正直、かなり戸惑っております。マカオは今日まで三連休でしたが、この3日間、家内と対策を練ることシキリ…

 とりあえず、クライアントが希望する"日本法人の設立"は、いくつかある休眠会社をそのまま譲渡すると言う事で、外国人が日本に作る場合の複雑な手続きは排除しようと。オペレートをしてくれる人はうちから出すと言う事を提案。

 実際の販売が出来る人はこれまた運の良い事に、日本の某メーカーが大量リストラをしたばかりなので、何とかそこから良い人材を探すという目処はついた。

 あとは拠点をどこに置くか?と言う事と、ブランディングの問題に次第に絞られてきた。

 明日、一日掛かって、何とかそれらを文章に纏めて、明日の夕方には提案書を送付する予定。

何とか間に合いますように…